ジャガイモの収穫(7月13日)

7月13日(金)

朝、六年生が西庭で育てていたジャガイモを収穫しました。

理科「植物の養分と水」の学習で、植物と日光の関係を調べるために育てていました。実験結果から、植物の葉に日光が当たるとでんぷんができ、イモの中に蓄えられることを学習しました。

そして、いよいよその日光がたっぷり当たったジャガイモを収穫!予想を上回るたくさんの量がとれました。

みんなで分けると、一人大小10個以上の量があり、驚きました。

子供たちは、「あまり世話の入らないジャガイモから、強い生命力を感じました。」「日頃食べているジャガイモを作ってくださっている農家の方に感謝したい。」等、感想を述べていました。

また、少し残ったジャガイモをゆで、六限後にみんなでおいしく味わいました。