立山登山での自然体験(8月7日、8日)

8月7日(火)・8日(水)

六年生は立山登山に行ってきました。

2日間をふり返ってみると、感動体験がいくつもありました。

立山登山初日には、立山荘付近のカルデラ展望台に登りました。すると、ちょうどカルデラの窪地に広がる雲海が見事に見え、子供たちから「オ~!」という感嘆の声が聞こえました。また、夕食の時間帯には富山平野に広がる雲海に夕日が沈む様子も見ることができました。更に、20時半過ぎに外に出て星空を観察しました。短時間ですが、北斗七星やカシオペア座、北極星や蠍座だけでなく、日頃見えない小さく光る星や天の川まではっきりと見ることができ、満点の星空を堪能することができました。

立山の大自然の中で初めて見る光景に、とても感動している様子でした。

そしていよいよ二日目は、雄山山頂を目指して登山をしました。

友達と声をかけ合って協力しながら山頂を目指し、46名全員で登頂成功!この上ない達成感を得ることができました。立山の自然の中を、友達と共に山頂を目指した子どもたちは、何物にも代えがたい貴重な経験ができました。

 

小学校生活の宿泊学習3回目を締めくくる体験ができました。